夕暮れの江ノ電

※ 写真をクリックすると更に⼤きな写真が楽しめます。

江ノ電は今や鎌倉地区においてとてもポピュラーな地方鉄道で、多くの旅行者、特に中国からの若者に人気をはくしていますが、江ノ電は鎌倉、江ノ島、藤沢を結ぶ基幹鉄道システムとして長年に亘り便に供してきました。
 
この路線は、住宅街においては、沿線に立ち並ぶ住宅の軒先をかすめるように走る或る意味で目を見張るような光景から、一転して海岸線に出ると、江ノ島、富士山、と言った目を見張る美しい景色、更には一寸波が高いと海に入らないサーファーの群れと言った変化に富む沿線を走ります。
 
写真は夕暮れ時、鎌倉市内の踏み切りを通過する江ノ電を撮ったもので、12世紀の首都であった古い街と今日の人々の生活が入り混じった今日の鎌倉を感じました。私はこの様な新旧入り混じった鎌倉に接するのが好きです。皆さん、鎌倉にお出で下さい。
  
  
  
撮影日時:8月24日撮影
撮影場所:由比ガ浜通り踏切にて



組合員入口

組合員の方はこちらから専用ページにアクセスできます。

ユーザーID
パスワード
  • 鉄道写真館
  • 関係機関一覧