伊藤忠商事株式会社ITOCHU Corporation

伊藤忠商事株式会社

「夢と感動」

伊藤忠商事は全てのお客様や関連パートナーに対し、「三方よし」の精神の下、夢と感動を与えられるプロジェクト、業務の推進をモットーに日々努めています。

その中で鉄道交通システムは昨今、注目される慢性的な交通車両数の増加による大気汚染や、様々な環境破壊問題に対し有効的な輸送手段として益々重要視されてきており、更に、将来に向け心身面で問題を抱える高齢者層を含め全ての世代に受け入れられるものへと進化すると確信しています。

伊藤忠商事は、関連パートナーや車両、電機メーカー各社及びシステムサプライヤーと協力し、社会に役立つ鉄道交通システムを21世紀の社会に対し夢と感動を分かち合いながら提供することを目指して行きます。

プラント・船舶部門長代行
西室 喜永

会社紹介(鉄道分野)

伊藤忠商事に於ける機械・情報カンパニーは4部門から構成され、電力・化学の大型プラント、橋梁・鉄道・水等の社会インフラ、航空機・船舶・自動車・建設機械・産業機械等の単体機械、ITサービス、ネットビジネス、メディア、モバイル、ライフケアに至る幅広い領域で事業を展開しております。

鉄道案件を含む交通インフラプロジェクトに関しては、機械・情報カンパニー内の4部門のひとつであるプラント・船舶部門にて他の様々なプラントビジネスと同様対応しています。

永年にわたるプラントビジネスを通じて蓄積した国際プロジェクトに於ける情報収集・開発能力、ファイナンス組成能力、関係者間のコーディネーション機能等、商社の総合力をフルに発揮して各プロジェクトに取り組んでいます。

国内外の各種メーカー及び設備建設会社との鉄道関連EPC案件(Engineering Procurement Construction)に加え、プロジェクトファイナンス、関連設備・機器そのものを保有する事業投資・M&Aビジネス、設備建設後の運転保守・アフターサービスのビジネスも含めた事業領域の拡大を目指しています。

プロジェクト実績

マニラLRT1号線輸送力増強プロジェクト

本プロジェクトにおいて伊藤忠は主契約者JVの一員として、フルターンキーで契約履行を実施。車輌・信号・通信、AFC、軌道、パワーサプライシステムなど、本プロジェクトの契約範囲は、全ての鉄道システムを含むものであった。

香港・KCRC (現・MTR)向け新型通勤車輌納入プロジェクト

伊藤忠がコンソーシアムリーダーを務める伊藤忠・近畿車輛・川崎重工業の3社コンソーシアム、IKKコンソーシアムとして、香港・KCRC(現在のMTR)に対して新型通勤車輌を提供。契約は1996年から2006年まで複数回に及び、その総契約金額は600mil USDを超え、納入した車輌数は400両を超えている。

中国準高速プロジェクト

伊藤忠は日本連合の一員として、本プロジェクトに参画。契約交渉や車輌の輸送等、様々なスコープをもったコアメンバーとしてプロジェクトの成立・成功に貢献した。

広州市地下鉄プロジェクト

伊藤忠は中国・南車集団四方とのコンソーシアムにて、広州地下鉄4,5号線プロジェクト、6号線プロジェクト、更に5号線増車プロジェクトと、リニアモーター車輌を連続受注している。現在履行中のこれらの案件により、伊藤忠が広州地下鉄向けに納入した車輌は合計で700両を超えることになる。

連絡先

伊藤忠商事株式会社

プラント・プロジェクト部
〒107-8077 東京都港区北青山2-5-1
Tel:03-3497-2514
堂下智 史次
E-mail:doka-t@itochu.co.jp


組合員入口

組合員の方はこちらから専用ページにアクセスできます。

ユーザーID
パスワード
  • 鉄道写真館
  • 関係機関一覧